会社概要

2019-06-05
カテゴリトップ > オーディオ > スピーカー > セパレート スピーカー
正規輸入品
キッカー KICKER
QSS654
16cm セパレート 2way スピーカー
QSSシリーズ セパレートスピーカーは、多くのテクノロジーや厳選された原材料から製造された KICKERのフラッグシップモデルです。より自然で忠実なサウンドを追い求め、ツィーター、ミッドレンジはもちろん、ネットワークも基板設計から部品まで改良が施された自信作です。

ウーファーユニットの振動板には、カーボンファイバーフォーム、ポリプロピレンコーンで構成された、TRI-TECHと呼ばれる3層構造を採用。軽量ながらも高剛性を両立しています。また、同社のサブウーファーにも採用されている Tカット トッププレートを採用することで、X-MAXを拡大。ストローク量が増大し、より大音量での再生が可能になりました。さらに、磁気変調歪みを低減する銅ショートリングを採用していますので、よりクリアな中高域再生を実現します。また 12本のビスを使ってユニットを強固に固定しますので、ユニットがよりバッフル板と一体化し、サウンドに悪影響を与えがちな音抜けやビビリなどを防止します。加えて、アルミ削りだしのフェイズプラグを採用していますので、振動板中央で発生しやすい位相などの乱れを補正する効果が期待できます。

ウーファーユニットにはツィーターユニットを同軸上に取り付けるコアキシャル マウント アダプターが付属。あたかもコアキシャルスピーカーとしてお使いいただくことができますので、スペースの問題どでツィーターの取付が困難な場合にはコアキシャル、より音質やサウンドステージを重視する場合にはセパレートと、インストールの可能性がますます広がります。

ツィーターユニットには 30mmサイズの大口径のものをチョイス。再生周波数帯域が 2.8KHz〜22KHzという、高音域のみならず低域側の再生能力を拡大しています。また、ユニットはバックチャンバー付にすることで内部のエアーが閉じ込められ、ドームのオーバーストロークを防止し、共振周波数を低くすることに成功。アパーミッドレンジまでお使いいただけるスーパーワイドレンジ ツィーターです。

振動板にはシルクよりも軽量なデュポン製テトロン ソフトドームを採用していますので、高域レスポンスが飛躍的に向上しています。

Mylarコンデンサー、高耐圧抵抗などの高級パーツをふんだんに採用し、バイアンプ接続にも対応した別体クロスオーバーユニットは、ハイパス側 -24dB/oct、ローパス側 -12dBの非対称のスロープを採用。また 0dB、3dB、6dBのツィーターアッテネーター機能も搭載しています。


本製品の主な仕様
・公称ウーファーサイズ:160mm
・公称ツィーターサイズ:30mm
・耐入力:定格 90W、最大 180W
・音圧レベル:86dB (1W/1m)
・周波数特性:50Hz 〜 22KHz
・取付口径サイズ:129mm
・取付奥行サイズ:63.5mm
・クロスオーバーポイント:2.8KHz
・クロスオーバースロープ:ハイパス 24dB/oct、ローパス 12dB/oct
・ツィーターアッテネーター:0dB, 3dB, 6dB




 
価格
84,889円 (税込 91,680 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
2〜4営業日で発送予定(欠品/完売時 除く
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く