会社概要

2019-07-10

ウェッジウッド・プレステージコレクション ハーキュレニューム ダンサーズプラクーサイズ:37X54cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

ヘーラクレース はギリシア神話の半神半人の英雄であり、ギリシア神話に登場する多くの英雄たちの中でも最大最強の存在である。
腕力だけで山脈や大陸を破壊したり、銀河が散りばめられた天空を持ち上げたりするなど、神々にも引けを取らぬ宇宙規模の怪力を誇る。
のちにオリュンポスの神々の一員になったとされる。ペルセウスの子孫であり、ミュケーナイ王家の血を引く。幼名をアルケイデースといい、祖父の名のままアルカイオスとも呼ばれていた。
ヘーラクレースはアムピトリュオーンから戦車の扱いを、アウトリュコスからレスリングを、エウリュトスから弓術、カストールから武器の扱いを、リノスから竪琴の扱いを学んだ。リノスには殴られた際は激怒し、彼を逆に竪琴で殴り殺した。
そしてケンタウロス族のケイローンに武術を師事して、剛勇無双となった。
キタイローン山のライオンを退治し、以後ライオンの頭と皮を兜・鎧のように身につけて戦うようになる。
ヘーラクレースは義父アムピトリュオーンが属するテーバイを助けてオルコメノスの軍と戦い、これを倒した。
クレオーン王は娘メガラーを妻としてヘーラクレースに与え、二人の間には3人の子供が生まれた。しかし、ヘーラーがヘーラクレースに狂気を吹き込み、ヘーラクレースは我が子とイーピクレースの子を炎に投げ込んで殺してしまった。
正気に戻ったヘーラクレースは、罪を償うためにデルポイに赴き、アポローンの神託を伺った。
神託は、「ミュケーナイ王エウリュステウスに仕え、10(後に12)の功業を果たせ」というものだった。
ヘーラクレースはこれに従い、本来なら自分がなっているはずのミュケーナイ王に仕えることになった。
「ヘラクレスの選択」といえば、敢えて苦難の道を歩んでいくことをいう。
12の功業を行う際、ティーリュンスに居住するようになった彼をデルポイの巫女が 「ヘーラーの栄光」を意味するヘーラクレースと呼んでからそう名乗るようになった。
キュノサルゲス等、古代ギリシア各地で神として祀られ、古代ローマに於いても盛んに信仰された。その象徴は弓矢、棍棒、獅子の毛皮である。
ローマ神話名は ヘルクーレスで、星座名のヘルクレス座はここから来ている。
ローマ神話と近代以降の英語圏ではハーキュリーズと発音される。日本語では長母音を省略してヘラクレスとも表記される。

ヘーラクレースはゼウスとアルクメーネー(ペルセウスの孫に当たる)の子。
アルクメーネーを見初めたゼウスは、様々に言い寄ったが、アルクメーネーはアムピトリュオーンとの結婚の約束を守り、決してなびかなかった。
そこでゼウスはアムピトリュオーンが戦いに出かけて不在のおり、アムピトリュオーンの姿をとって遠征から帰ったように見せかけ、ようやく思いを遂げ、1夜を3倍にして楽しんだ。
アルクメーネーは次の日に本当の夫を迎え、神の子ヘーラクレースと人の子イーピクレースの双子の母となった。
アルクメーネーが産気づいたとき、ゼウスは「今日生まれる最初のペルセウスの子孫が全アルゴスの支配者となる」と宣言した。
それを知ったゼウスの妻ヘーラーは、出産を司る女神エイレイテュイアを遣わして双子の誕生を遅らせ、もう一人のペルセウスの子孫でまだ7か月のエウリュステウスを先に世に出した。
こうしてヘーラクレースは誕生以前からヘーラーの憎しみを買うことになった。
ヘーラクレースの誕生後、ゼウスはヘーラクレースに不死の力を与えようとして、眠っているヘーラーの乳を吸わせた。
ヘーラクレースが乳を吸う力が強く、痛みに目覚めたヘーラーは赤ん坊を突き放した。
このとき飛び散った乳が天の川(「乳のサイクル」Milky Wayは「乳の道」)になったという。
これを恨んだヘーラーは密かに二匹の蛇を双子が寝ている揺り籠に放ったが、赤ん坊のヘーラクレースは素手でこれを絞め殺した。

ダークブラウンバサルト
1769年 スタッフォードの地で行われていた 
無釉黒色セッ器を改良して ブラックバサルト(玄武岩)を完成。
  紀元75年 ベスビオス火山の噴火で 埋もれた ポンペイの遺跡から 18世紀半ばに 出土したもの
2000年復刻 世界限定150 金銘板

37X54cm

ネオクラシックを代表するジャスパーと 英国ボーンチャイナ
当時 ギリシヤ,ローマ遺跡の発掘とあいまって 典雅なロココから 端正なネオクラシックが 勃興の中 ジョサイアの 古代文明への博学と憧憬が 生み出した ジャスパーウェア(古代ローマの カメオガラスを模して 4年の歳月 1万回にも及ぶ 焼成実験の結果 せっ器藍地に 白いレリーフを貼付する ジャスパーウェアを 1774年に発明)は 時流に乗って ヨーロッパ中を 席捲しました。
磁器に先駆けたマイセンや セーブルを襲った この猛威を前に マイセンらは なす術も無く かえって ビスク焼きで後追いするほどでした。

ポートランドの壷
古代ローマ(紀元前27年〜紀元14年頃)作のカメオガラス。
1582年 古代ローマ皇帝の墓所で 発掘。
めぐりめぐって英国国宝となった この壷を 5年の歳月をかけ1790年 ジャスパーウェアで ジョサイアが 完全復刻に成功。
彼の名声は 弥が上にもまし 彼の誇りの象徴となつた ポートランドの壷が 末永く ブランドロゴに採用されております。
現在は 初代ジョサイアの名を汚さない 手工芸銘品にのみ 許されております。

ボーンチャイナ
英国では 磁土(カオリン)の産出がなく 硬質磁器を作るのに 大陸から輸入して いくつかの窯で 細々と試みられていました。
一方で カオリンに代わるものを求めて 試行錯誤の末 1749年 トーマス・フレイが 牛骨を焼いた骨灰にたどり着きました。
18世紀末 この軟質磁器の 工業製品化に成功した1人が ジョサイア・スポード二世でした。
さらに 1819年 現ザロップで フェルスパー(長石)が発見され 多くの窯で フェルスパー・ポースレーンの開発競争の中 この時代を リードしたのが 又 逸早く工業製品化に成功した ジョサイア・スポード二世でした。英国ボーンチャイナ確立

クィーンズウェアに続く このジャスパーウェアの 大ブレークが 先見の明あるはずの ジョサイアの目を曇らしたのか 後に隆盛を見る ボーンチャイナの開発に 余り関心なく(1780年 ブリストル硬質磁器窯の 買収提案を拒絶)結局ジョサイア二世による 1812年にと 大幅に遅れることに なりました。
しかしこれとても 先発するスポード社などに 及ばず 1828年には 取りやめました。
今 ウェッジウッドの 中核をなすボーンチャイナへの 再チャレンジは 1878年の遅きになりました。
やがて 研究熱心なウェッジウッドでは ワイルドストロベリー(初代 ジョサイア・ウェッジウッドが残した 8冊 約10000点の パターンブック 初版1769年頃 再版1810年 から 1806年に発表された ワイルドストロベリー。現在のパターンは 1965年発売)を 始 多くのヒット作の 中核的素材となる 美しいファインボーンチャイナを 完成させました。
余談になりますが ウェッジウッド家の 科学研究的優秀さは 中世最高の科学者「進化論」のダーウィンを 血脈としたこと(ジョサイアの娘スザンナの子が チャールズ・ダーウィン すなわちジョサイアの孫になります)でも有名で 世に喧伝されました。












ダークブラウンバサルト
1769年 スタッフォードの地で行われていた 
無釉黒色セッ器を改良して ブラックバサルト(玄武岩)を完成。
  紀元75年 ベスビオス火山の噴火で 埋もれた ポンペイの遺跡から 18世紀半ばに 出土したもの
2000年復刻 世界限定150 金銘板

ネオクラシックを代表するジャスパーと 英国ボーンチャイナ
当時 ギリシヤ,ローマ遺跡の発掘とあいまって 典雅なロココから 端正なネオクラシックが 勃興の中 ジョサイアの 古代文明への博学と憧憬が 生み出した ジャスパーウェア(古代ローマの カメオガラスを模して 4年の歳月 1万回にも及ぶ 焼成実験の結果 せっ器藍地に 白いレリーフを貼付する ジャスパーウェアを 1774年に発明)は 時流に乗って ヨーロッパ中を 席捲しました。
磁器に先駆けたマイセンや セーブルを襲った この猛威を前に マイセンらは なす術も無く かえって ビスク焼きで後追いするほどでした。



価格
408,000円 (税込 440,640 円) 送料別
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便